おはようございます。製造担当明石です。

もうすっかり夏ですねー!セミたちが朝の目覚めに一役買ってくれます。

さて、そんな中キッチンは総力を挙げてレトルトを作成しています。

お中元に外販に、ギフト…食べてくださった方から美味しかった!とお声をいただきうれしい限りです。

新しい商品も続々登場(そういえば前回私がブログを書いた際にそろそろ出ますよーって書いていたような…ようやくお目見えです!)しているのですが、やはりカレーは根強い人気!

最近は毎日カレーを作って(時には一日に2種類も!)います。

今日はそんなカレーのお話を。

現在田ぐり庵のレトルトカレーは5種類。欧風カレー、トマトカレー、タイカレー、インドカレー、そして新商品のキーマキッズカレー。

中でもトマトカレーはトマトを1レシピで10㎏以上使う最高にトマト感あふれるカレーなのです。(写真だと煮込み後なのでそこまで赤くないのですが、煮込む前の実物はすごいですよ!)

これがとにかく粘度が高い。そして見た目が赤い。まるで別府の地獄めぐりの様相になります。幼いころ何度か行きましたが不思議ですよね。

カレーはあれよりもっと赤くてもっと湯だっているのでどちらかというと地獄でかまゆでされているような心持ちになるのですが…。

(地獄めぐり、ご存じですか?一番温度の高そうな血の池地獄が名勝の中では実は一番温度が低いのです。海地獄は温泉卵も作れたはず。ああ、温泉卵食べたくなってきたなぁ…カレーに目玉焼きも最高ですが、カレーに温泉卵もたまりませんよね。)

煮込み中カレーが温まってポコポコし始めたらここから数時間が危険度No1!

このせいで何度腕をやけどしたことか…しかしやけどを怖がっていては美味しいカレーができないのです。

トマトカレーを煮込むたびに「ああ、今日も地獄めぐりが始まるなあ…」と思いつつ美味しくなあれとカレーを混ぜ続けます。美味しさの前にはやけどなんて大したことない。

幼いころ訪れた地獄めぐりに思いを馳せるカレー作りでした。

では明日のブログもお楽しみに。