いわしと向き合う。


こんにちは!

キッチン担当の竹下です。

 

最近、いわしと向き合い過ぎて、可愛くってしょうがない~ (≧∇≦)

 

いわしのオリーブ梅煮

という、田ぐり庵の伝統である惣菜があります!

 

レトルト化もされて、弁当の中のおかずとしてだけでなく、惣菜パックとして気軽に食べることができるようになった一品。

 

人気で売れるので、コンスタントに製造しているんです(^^♪

 

煮込みだけでも67時間。

下準備から半日がかりでの調理。

以前は、仕入れた いわしの中にサバが紛れていたこともあって、下処理中に 魚の顔が違うことを瞬時に目視で見分けたり()

 

あぁ、

人生で生魚を触る日がくるなんてーーー!

と、10年前の私は思いもしませんでした。

 

だって、入社してから魚と初体面したときは、グロテスクで 魚がこっちを見てるんですよん。怖いったらありゃしない ()

 

今となっては、魚と話す。

「きれいにウロコをとってね」

「美味しく煮てね」

と言われているような気がして。

 

こうも変わるか!?と不思議な感覚です。

 

今日は、いわしのぬかだきを作って。

明日は、また いわしのオリーブ梅煮を作ります!

 

じっくり煮込んで、骨までホロホロな いわしちゃんを、ぜひとも一度 よかったら食べてみてくださいね (^O^)